外壁塗装をするだけで新品同様の家になる!

新タイプのエクステリア

ウッドデッキ

木の風合いを持った素材

数あるエクステリアの中でも、とりわけ人気が高いのがウッドデッキです。ウッドデッキはもともとは木製の甲板という意味で、その名の通り客船の甲板の上でくつろいでいるような気分になれるスペースです。椅子やテーブルを置いてガーデンパーティを楽しんだり、読書やお昼寝のための場所にしたりすることができます。ウッドデッキは風雨に直接さらされることが多いため、ハードウッドと呼ばれる非常に頑丈な木材が主に使われます。また最近では、腐らないウッドデッキというものも開発されています。腐らないウッドデッキとは、具体的には人工木材を使用したウッドデッキのことです。素材にはさまざまな種類がありますが、最もポピュラーなのはポリエチレン樹脂に天然木粉を練り合わせて固めたタイプです。この天然木材の使用によって、人工材でありながら天然木に近い風合いを実現している点に最大の特徴があります。腐らないウッドデッキの魅力は、何と言っても耐久性の高さにあります。雨や風に強く、寒暖の変化による反りやひび割れも起きません。また、天然木のようにささくれが生じたりすることがないため、安心して裸足で過ごすことができます。腐らないウッドデッキの費用は、天然木と比べるとやや高めです。素材やデザイン、設置場所などによってかなり上下しますが、平均的な相場は出幅3尺・間口1.5間の標準的なサイズで8〜12万円(工事費を含む)程度です。手すりや独立ステップなどを取り付けるとその分の費用が追加されます。