外壁塗装をするだけで新品同様の家になる!

太陽の光から電気をつくる

太陽光パネル

太陽光を受けて電力に変換

近年埼玉でも目覚ましい勢いで家庭に普及してきた太陽光発電システムは、太陽の光から電気をつくって家庭の消費電力を賄い、余った電力は電力会社へ売れるという合理的なシステムです。太陽の光は、そのままではエネルギーとして利用できません。しかし、太陽電池やそれに伴う設備機器によって電力に変換されると、暖房や給油他、すべての電力源として幅広く利用できるとことが大きなメリットです。埼玉の建物の屋根に設置される太陽電池モジュールは、太陽電池を並べてガラスと充填材で強化されています。太陽電池に太陽光が当たると電気が発生しますが、そのままではまだ直流電流なので使用できません。そこで登場するのがインバーターです。このインバーターが、直流電流を交流に変換して各家庭で使用できるようにします。後は普通の電力と同様、住宅用分電盤を通じて埼玉の各部屋の家電製品に電力を分配します。分電盤と通じている買電と売電2種類の電力量形がついているのも、太陽光発電ならではの仕組みで、夜間など太陽光が足りない場合は電力会社の通常の電力を使います(買電)。また、埼玉で晴れの日の昼間など太陽光で多くの電力が得られ、それが余った場合は電力会社が買い取ります(売電)。これは経済産業省資源エネルギー庁が太陽光発電による余剰電力を電力会社が買い取ることを義務づけているからです。これにより、太陽光発電は、買電と売電のメーター値で毎月清算される合理的なシステムになっています。